GIC
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

活動内容

フードバンク滋賀とは?

フードバンク(food bank)とは、食品関連企業において、包装の印字ミス等により販売が困難になった食品、農家における規格外の農産物、家庭で余った食品などの寄付を受け、食糧支援を必要とする家庭や福祉施設などに無償で提供する社会福祉活動およびその活動を行う団体のことをいいます。

このフードバンク滋賀の活動は、社会福祉活動としてだけでなく、食品ロス削減にもつながる有意義な取り組みです。

「フードバンク滋賀」の活動方針について

  • ①一般市民による善意のボランティア活動で、特定の宗教団体や政治団体に由来するものではありません。
  • ②食べるものに困っている人への支援活動であり、支援対象者は生活困窮者です。
    寄付して頂いた物資を無差別にバラまくことはありません。
  • ③世界や他県のフードバンクと同様に活動において金銭を介在させない無償の社会奉仕活動であり、営利目的での流用や加工販売等による転用、寄贈食品の換金や転売等、ビジネスを目的とした活動ではありません。

※「フードバンク滋賀」は、活動時に募金箱を持参し利用者に対して寄付をお願いすることは一切ありません。

フードバンク活動がもたらす効果

食品が余った企業や個人(農家・家庭)が、品質に問題はないものの必要のなくなった食品をフードバンクに提供することで、次のような効果が期待されます。

食糧提供が必要な家庭や福祉施設等
  • ● 無料で食糧提供を受けることができる。
  • ● 食費を減らすことができ、お金を食事以外の必要経費に回せるようになる。
食品を提供する企業等
  • ● 食糧提供によって廃棄する量が減り、廃棄物処理に伴う経費を抑制できる。
  • ● 環境負荷(CO₂)の低減に貢献できる。
  • ● 社会福祉の向上に貢献できる。
  • ● 上記の社会貢献を企業イメージの向上につなげることができる。
ごみ処理を担う市町等
  • ● ごみの収集運搬や処理に伴う経費を抑制できる。
  • ● 最終処分量(焼却灰)が減り、最終処分場を延命化(長く使うこと)できる。
社会全体
  • ● 食品ロス削減により、貴重な食料資源を有効に活用することができる。
  • ● 支援が必要な人々に食糧提供ができ、社会福祉の向上につながる。
  • ● 廃棄物が減ることで焼却処理や収集運搬に伴う環境負荷(CO₂)が減るとともに、原油等の天然資源の使用量が抑制される。
  • ● 食べものを大事にする意識や環境保全の意識が養われる。
    フードバンクを介さず直接提供する場合でも同様の効果がありますが、フードバンクを活用することで、より幅広い対象の方々へ提供することが可能となるとともに、受益者のニーズに応じた形で食糧提供をすることができます。